夫婦で念願のマンション購入!だけどその後離婚したら持ち分はどうなるの?

大恋愛の末に結婚し、夫婦共働きをしながら夢のマイホームを手に入れるために貯金に精をだす夫婦もいるでしょう。

マンションを購入する頭金も貯まりようやくマイホームを手にし、幸せな日々がスタートします。

夫だけが働き専業主婦をする妻の夫婦がマンションを購入するケースでは、マンションの名義は夫にするケースが多いものですが、共働きの場合は共有名義が一般的です。

愛し合って結婚した夫婦も長年連れ添っているうちに、同じ屋根の下で暮らすことが嫌になってしまうこともあるでしょう。

最初は我慢をしていても、会話するどころか見るのも苦痛になるほどになってきてしまったら、離婚に踏み切ることになるでしょう。

離婚しますと、財産分与が発生します。

結婚したあとに儲けた財産は夫婦で仲良く2等分するのが法律

夫婦として共に歩んできた間に得た財産である現金や預金、マンションなどの不動産というすべての財産を2等分に分けなければなりません。

これは共働きでなくても専業主婦の場合でも等分することになります。

共有名義で購入したマンションにもう住みたくないから売却した場合は、売却代金を公平に分割します。

もし売却代金が残債を上回っていなかったとき、お金を融資した金融機関が売却を許可しないこともあります。

マンションを売却したお金で借金を完済できず住宅ローンの残債がある場合は、共同で債務処理を行わなければならないでしょう。

住宅ローンの残債よりも高く売ることができればあっぱれ、晴れて問題から解放されますが、もちろんそういう恵まれたケースばかりではありません。

売れた金額よりローンの残り金額が高かった場合はどうなるの?

反対の場合は残ってしまった負債をお互いで負担し合わなければなりません。

このようにローンの残りよりも安くしかマンションが売れなかった際は、悲惨としか言いようがないですね。

マンションなどの不動産を他人に譲り渡すときは、売主は設定されている抵当権を外しておかなければなりません。

そのあとで買主に所有権を移すのが当たり前のことです。

そのため、足りない金額をあなた自身で調達して返済するかまたは、残っている借金の返し方について金融機関と熟慮して抵当権などの担保権を解除しなければなりません。

こうした場合は、弁護士などに相談して進めるのがいいでしょう。

これら全ての悩みを完結したあとに、いよいよ家売却査定をスタートさせ離婚のイヤな思い出を売り払ってしまいましょう。

不動産を売るときの様子をさらっと書いてみたよ。

一戸建て売却を行う時には、宅地建物取引業法に基づく売買契約を仲介をお願いするところと交わさなければなりません。

専任媒介契約はその契約の1つの形態で、不動産会社は1社にした不動産売却の媒介契約になります。

依頼者が自ら見つけた相手に売却でき、この形態の契約ではレインズという不動産ポータルサイトに媒介契約締結の次の日からお休みの日を除く7日以内に登録します。

そこに載せることで、物件探しをしているお客様に情報を幅広く伝える形になります。

仲介会社と契約を交わす際には様々な書類を手元に収集しなくてはなりません。
登録簿謄本や売買契約書、固定資産税納税通知書等を用意しましょう。

このような売却活動を行った後、物件の内覧を行いたいというお客様が現れたら物件見学を行います。

そして、もう少し価格が低ければ購入したいという物件の購入希望を持つお客様であれば、価格交渉を行います。

価格に納得されて購入したいという場合には売買契約を結びます。
価格交渉では契約内容をしっかりと確認するようにします。

家や土地などを他人に売るときは結構な諸費用がかかってきます。

その中に仲介会社への仲介手数料があります。
この金額は売却金額によって決まってくると言えます。

売却金額が高くなると仲介手数料も高くなる可能性もあるため、価格交渉時に改めて不動産業者に確認しておくようにします。

売買契約を結ぶまでの期間は、売り出しを開始してから大体1~3ヶ月ほどが平均的でしょうか。
その後、物件の売却手続きで必要とされ手付金を受領します。

手付金後に物件引渡しと残代金受領を行います。

物件引渡しについては、引渡しの日にちが決まったら、ローンの解約や抵当権抹消などの手続きを行い、当日までに引越しをして、部屋を空けておきましょう。

この間は大体1ヶ月から2ヶ月ほどと言われています。
家の引き渡しを行い、残金を受け取ったら売却完了です。

一戸建て売却の手続きと流れについては事前によく確認しておき、その時になって慌てないようにしておきましょう。