母乳不足に苦しんでいませんか?

かわいい赤ちゃんを自分の母乳で育てたい、
そんなあなたにおすすめなのが、コレです。

今、楽天市場で一番販売数の多い
ハーブティーなんですよ。
テレビ、雑誌、WEBサイトでも紹介多数。

母乳不足に悩むママのために
作られたミルクアップブレンド。

かわいい赤ちゃんのために
もちろん産地と品質を選び抜いたオーガニックハーブ
を使っています。

こんな方におすすめです

  • 完全母乳で赤ちゃんを育てたい
  • 母乳量を増やしたい
  • 産後の体調バランスを整えたい
  • 水分補給がこまめにできる

楽しく見れました。

イーサンは娘に甘すぎですね。
ミッション遂行よりも娘の方が大事に見えました。
余命を宣告されたからでしょうか。

パリが舞台というのも良かったですね。
「パリに行きたーい」
と最近ずっと言っていたので、
エッフェル塔やパリの街並みが見れてうれしかったです。

私の理解力不足なのか、
ストーリー的に、
「あれ?」
と思うところもいくつかありました。

よく分からなかったところ

  • 試験薬でイーサンの寿命は伸びたのか?
  • 最後、イーサンがウルフを撃たなかった
  • 相手が凶悪で冷徹なテロリストに見えなかった
  • ヴィヴィの必要性がよく分からなかった。ヴィヴィ本人がテロリストを仕留めれば良いのにと思った
  • イーサンはなぜ家族のもとを離れていたのか

上記は、よく分からなかったけれど、
不満ではないです。

とても面白かったですよ。
パリの景色もヴィヴィの美しさも
イーサンのド派手なアクションも堪能できました。
友人に勧められる映画です。

<キャスト>
ケヴィン・コスナー/イーサン・レナー
アンバー・ハード/ヴィヴィ
ヘイリー・スタインフェルド/ゾーイ
コニー・ニールセン/クリスティン

124分とやや長めの映画であったが、とても楽しめました。

普段意識したことのなかったスーツアクターたちの活躍が描かれています。

唐沢寿明演じる主人公、本城渉。
見どころはたくさんあります!

  • 裏方に徹しているけれども、いつか自分の顔と名前を出して映画出演したいという思い。
  • 礼儀がなってなく、周囲のスタッフたちと軋轢が生じる新人アイドル・一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)とのやりとり
  • 高度なアクションシーン

普段知ることのなかった、スーツアクターの現場を垣間見ることができますよ。
スーツアクターという仕事に対する本城渉の真摯な姿勢に心打たれました。
吉川晃司さんが歌う主題歌「Dream On」もよかったですね?。

映画「青くて痛くて脆い」感想

ツインズジャパンとジェイアール東日本企画によって製作されている青春ストーリーです。

2020年の8月28日からTOHOシネマズ日比谷を封切りにして、東宝の配給によって全国ロードショーされました。

異形の肉体に正義の心を秘めた3人が旅に出る「妖怪人間ベム」や、教師と生徒が多様性を模索する「俺のスカート、どこ行った」「マエストロFX」など。

名作アニメのリメイクから人気テレビドラマの演出までを手掛けている、狩山俊輔監督がメガホンを取りました。

住野よるによって2018年3月に角川書店から刊行されている309ページの長編小説が、118分のオリジナルシナリオへとまとめ上げられています。

ふたりの孤独な大学生がふとしたきっかけで出会い、世界を変えるために立ち上げた秘密結社「モアイ」とは?

あらすじ

子供の頃から人と接することを苦手にしていた田端楓は、大学に入学してから1カ月以上たっても親しい友だちができません。

そんな田端に初対面から積極的に話しかけてきたのは、「空気が読めない」として周りから浮いている秋好寿乃です。

これといったグループに所属していない田端は、新しいサークルを発足するという秋好のお手伝いをすることになりました。

田端が着ていたポロシャツに付いたマークから「モアイ」と名付けられたグループは、ひっそりと動き始めます。

廃校を利用した野菜作り、学校に通っていない子供たちのための居場所作り、地域の人たちと交流を深めるためのバザーや模擬店。少しずつ賛同してくれる人たちや新メンバーが増えていく中で、田端と秋好との主張に意見の食い違いが生じていきます。

これまで通りに少人数で地道に活動を続けていきたい田端、規模を拡大して就活や企業との繋がりに役立てたい秋好。

ふたりは決裂した友情を元どおりにして、大学生活の集大成・モアイを完成させることができたのでしょうか。

キャスト

なるべく他人と近づき過ぎない、他人の言ったことはとにかく否定しない、余計なことに手を出して他人を絶対に傷つけない。

3つの約束ごとを胸に秘めつつキャンパス内を息を殺して歩き回る主人公、田端楓を吉沢亮が静かに演じていきます。

今の時代に逆行するかのような空気を読まないヒロイン、秋好寿乃に杉咲花がエネルギッシュに扮していました。

映画の序盤ではお気楽で女子大生らしいカジュアル、中盤以降はブルーにモアイのシンボルマークがプリントされたオリジナルTシャツ姿。

前半と後半でまるっきり別人のようなファッションと、その表情の目まぐるしい変化にも注目してみてください。

早々と学校をドロップアウトして心を閉ざしている10代の少女、西山瑞希役はフレッシュな演技力で注目を集めている森七菜です。

劇中ではギターを片手に、野坂昭如の名曲「サメに喰われた娘」を熱唱するシーンも用意されていますよ。

田端と秋好の間に割り込んでくる大学院生・脇坂役には柄本佑が、瑞希の担任の教師・大橋役には光石研が。

中堅どころからベテランにかけての役者さんたちが、若い主演陣をしっかりとサポートしていて隙がありません。

「20世紀少年 最終章 <ぼくらの旗>」あらすじ

2009年の7月28日に国際フォーラムで完成舞台披露挨拶後、8月29日からは東宝系の映画館で全国ロードショーされました。

浦沢直樹によって小学館ビックスピリッツコミックから刊行されている原作の、第16巻「鏡の向こう」から22巻「正義の始まり」さらには「21世紀少年」上下巻をもとにして実写化されています。

地下組織を率いて抵抗を続けている遠藤カンナ、記憶を失って各地を放浪していたカンナの叔父・ケンヂ、世界大統領にまで上り詰めて権力を掌握したケンヂの小学校時代の同級生「ともだち」。

3人の運命が交錯していきこれまでベールの中だった謎が解き明かされる、シリーズ第3弾にして堂々の完結編です。

あらすじ

「血のおおみそか」として多くの犠牲者を出した2000年のテロ事件、2015年に各地に細菌兵器をばら蒔いた悪魔のセールスマン。

数多くの危機から全人類を救ったとして世界大統領に就任した「ともだち」ですが、幼い頃に駄菓子屋で万引き犯と間違われた悪夢からはいまだに逃れられません。

他にやるべきことが思い付かなくなったともだちは、予言通りに2017年の8月20日正午にすべてを終わりにするつもりです。

捕らえられた政治犯を救うべく、遠藤カンナは過激派組織「氷の女王」を結成してともだちへの武装蜂起の準備をしていました。

戦いが長引くに連れて自分の命までも粗末にするようになったカンナを、親代わりに面倒を見ていた仲間たちは心配しています。

カンナの暴走を止められるのは、テロリストというあらぬ疑いを着せられ行方不明になっている叔父のケンヂだけ。

果たしてケンヂはカンナたちと無事に合流して、地球滅亡のシナリオを阻止することができるのでしょうか。

そして子供時代のたわいもない空想と小さな嘘から生み出されてしまった、ともだちの正体とは?

キャスト

第1作のクライマックスで大爆発に巻き込まれて死亡したと思われていた遠藤ケンヂが、2作ぶりに舞い戻ってきます。

ケンヂ役を演じているのは唐沢寿明で、ボサボサの髪の毛と伸びきったヒゲは風来坊のようで凄みがありますよ。

第1弾の時のような若々しさやエネルギッシュな表情は影をひそめていますが、その分に年齢を重ねた貫禄がにじみ出ていました。

ケンヂが記憶を取り戻すきっかけを与える猟師役として、遠藤賢司がワンカットだけ出演しているのを見逃さないでください。

1974年に渋谷の道玄坂にオープンしたカレー専門店「ワルツ」、1980年にリリースされた6枚目オリジナルアルバム「宇宙防衛軍」。

知る人ぞ知る伝説的なシンガーソングライターで、原作マンガのモデルとなったことでもポピュラーな存在。

ごく普通の女子高校生からドラマチックな豹変を遂げたケンヂの姪・遠藤カンナ役の平愛梨、幼い弟を守りながら崩壊寸前の日本を生き抜く磯野サナエ役の福田麻由子。

次の世代への平和と希望を運んでくる重要なキャラクターを熱演している、ふたりの女優さんの共演も必見です。

「アラジン(実写版)」感想

はじめまして。
子育て中のアラサー主婦です。

私はディズニーが大好きで、たまの休日にディズニー映画を楽しむことが良い息抜きになっています。

今日は近頃特に心に響いた作品「アラジン(実写版)」の感想を綴っていきます。

■アラジンのストーリー

主人公は、ある貧乏でピュアな心持ちの青年。

そんなある日アラジンはジャスミンと運命の出逢いを果たします。

惹かれ合う二人ですが、女性は身分を隠してアラジンのもとを去ってしまいます。
それもそのはず、彼女はなんとその国の王女様だったのです。

魔法のランプで王子に変身したアラジン

彼女になんとか近づきたい少年は魔法のランプを手に入れて、魔神の力で架空の国の王子様に変身します。

王子として現れたアラジンとジャスミンは再び恋に落ちます。

ひょんなことからランプは奪われます。

2人はめでたく結ばれるのです。

映像

重要な要素として、映像の美しさや迫力が挙げられますが、この作品はどちらも素晴らしい!

まず映像の美しさについてですが、静かでどこか冷たさを感じる砂漠や幻想的な夜空など、風景の描写がとにかくリアルで美術館に来たのかと思うほど綺麗でした。

また迫力についても、ジーニーの初登場シーンや悪い大臣との戦いシーンなど、魔法を使ったシーンはどれも迫力がありとても楽しめます。

また役者陣の豪華な衣装も映像を通して神々しさが十分に伝わってくるため、非常にきらびやかで素敵でした。

つくりものと感じさせない高い映像技術がアラジンの世界観を強く下支えしており、見ていてぐんぐんひきこまれてしまいました。

まとめ

今回ご紹介した映画アラジン、どうでしたか?
ホントに良い作品なので、少しでも魅力が分かっていただけたかな?

まだ見たことがない方や字幕・吹替のどちらかしか見ていない方は、この機会に是非チャレンジしていただければと思います。

「トゥルーマン・ショー」感想

設定が奇抜、それは1998年の「トゥルーマン・ショー」です。

ジャンルはコメディなのですがドラマ性が高くていろいろと考えさせられますし、笑いも怒りも涙も感じることが出来る大変上質な映画です。

主演はコメディ映画の定番・ジム・キャリー。

彼は思い切った笑いの中にある感動を生み出す達人であり、彼の出てる映画の多くは奥深いものが多いのですが、この映画は特に奥深いののです。

ストーリーはとある離島で、その離島に住んでいるのがジム・キャリーが演じる保健会社で働いているトゥルーマンという男性なのです。

生まれてから一度もこの島を出たことがないトゥルーマン。

以前嵐にあってしまい、そのときに父が死亡しトラウマになってしまっており完璧に水恐怖症になってしまいます。

島を出る為には船が必須。

結局島から出られないといった状況。
その設定が後から驚きとなって返ってきます。

このトゥルーマン・ショーは実はトゥルーマンが生まれたその瞬間から、本人には内緒でその生活を放送されています。

本物のリアリティプログラムに強制的に出演させられているというこれまでにないような設定で、トゥルーマンの暮らしは24時間、常にアメリカ中で見られているというような状況にあるのです。

そのことを知らないトゥルーマンは周りの人たちが自分の人生を盛り上げる為の演出者であることも知らず、真面目な人生を置く妻もいるのですが、番組で仕向けられてた結婚なので愛は少し冷めているような部分があったり、トゥルーマン本人もおかしいなと思うようなことが起きます。

お気に入りなのは24時間のドキュメンタリーを放送しているため、番組の提供会社のコマーシャルを番組を中断して放送することが出来ない為、トゥルーマンの生活のなかでさり気なく提供の商品を紹介しようとするのですが、それがとてもわざとらしくてまさか自分が番組になっているなんて知らないトゥルーマンがそのわざとらしい商品紹介をするシーンがとてもお気に入りです。

日常生活では絶対に言わないような人工甘味料ははいっていないのよ、ぜひお試しあれと語りかける姿には爆笑させてもらいました。

トゥルーマンショーは、彼の人生をこっそりとドキュメンタリー番組として放送をしていのですが、すごいのは彼が住んでいるのは離れ島なんかではなく、膨大なセットであり、ドーム型の大きなセットの中でトゥルーマンは生まれたときからずっと暮らしているということなのです。

彼が見ている太陽も月も機械で演出されたものであり、少しずつほころびが出てきてトゥルーマン事態も自分の住んでいる世界はちょっとおかしいのではないかと考えるようになっていくのです。

違和感を感じながらも暮らす中で、全員が彼の番組を盛り上げる為に偽りの関わりをする人たちだけでなく、学生時代にはトゥルーマンの偽りの人生に同情した女性から島を探してといわれたことを思い出すことからストーリーは大きく進展していきます。

自分と深く関わろうとした人物は何者かによって島を出て行かせられることになるという辛く特殊な環境にどんどんと引き込まれていきます。